白髪染めアレルギー

年齢の経過とともに白髪の数はどんどん増えていきます。

しかし白髪が多くなると、年齢よりも上に見られるようになってしまい、それが嫌だという方もたくさんいます。

そのため白髪染めを使って白髪を染めるのですが、人によっては白髪染めを使うことで問題が起きる場合があるのです。

すべての人が白髪染めを使って問題が起きるわけではありません。

そんなに問題が起きるようなら、誰も使うはずがないからです。

白髪染めを使って問題が起きるのは、その人が白髪染めに使われている成分に対してアレルギー反応が起きてしまうからです。

一般的な白髪染めを使用すると、アルカリ剤の作用によって毛髪の表面を覆うキューティクルが開きます。

その中に染料が染みこむことで、毛髪の内側までしっかり染まります。

しかしこれは無理矢理異物を混入させるということで、身体から拒否反応が起こるのです。

この際に過剰な免疫反応が起きると、異物だけではなく皮膚や組織にまで悪影響が起きてしまい、これがアレルギー反応と言われているものです。

一般的な白髪染めは酸化染毛剤と呼ばれているもので、染料の元としてパラフェニレンジアミンという成分が使用されています。

パラフェニレンジアミンは酸化すると強力な染料になりますが、肌に対してアレルギー反応を起こさせる成分でもあります。

頭皮の発疹やかゆみ・かぶれ、ひどいものになると呼吸困難や咳、目の痛みなどの症状が起きる場合もあるのです。

試しに使ってみてアレルギー反応が起きた場合は、無添加白髪染めを使用することをおすすめします。

これは化学染料よりも染まりにくいのですが、アレルギー反応が起こる可能性はまずありません。

白髪を楽に染めるのが目的ではなく、身体に悪影響がないものを使用することを第一に考えましょう。

市販白髪染め
体験を元に白髪染めをランキングしたサイトです。本当の情報がわかります。
www.shiragazomerealreview.com/

ページのトップへ戻る