AGAに効果があるヘアフォーミュラの口コミと評判とは?

私は、いわゆるM字ハゲに悩まされていました。
抜け毛になってしまったのは、仕方がないと思って、あきらめていました。
その中で私は、「ヘアフォーミュラ」という育毛サプリを愛用しています。
ヘアフォーミュラは、先ほど紹介をした私が悩まされているAGAに対して、高い効果を発揮するという風に、雑誌で紹介されていたからです。
まさにM字ハゲに悩まされている私にとっては、うってつけの育毛サプリということがいえるかもしれません。
正直まだ、発毛をして、薄毛が解消されているという感じはありません。
しかし育毛サプリは、少なくても3カ月程度は使い続けてみないと、効果が現れないといわれているようです。
ですから、もうしばらく使い続けてみようと思っています。

AGAは遺伝により発症するため個人の体質が大きな要因となります。

AGA治療は対症療法なので根本的に完治するものではないということをしっかり認識しておきましょう。

そのため、AGA治療を休止してしまうと再び脱毛などが発症して、次第に進行していくことになります。

しかし、AGA治療薬にも副作用の危険性はありますから一生使い続けるというのも心配がありますしお金もずっとかかることになります。

ですから、一定のところまで薄毛が改善したと判断できたらAGA治療を途中でやめると言うのも1つの選択肢としてありだと思います。

AGAとは男性型脱毛症のことで成人男性に現れる髪の毛が薄くなってしまう症状のことを指します。

薄毛や脱毛は昔から男性が抱える悩みの1つだったようでこれまでに数多くの育毛剤が生み出されてきました。

ここ数年でやっと医療機関による治療を受けられるようになりましたが保険が使えない自己負担診療になります。

医療費負担は大きいですが、医者の診断でAGA専用の治療薬を処方してくれることで市販されている薬よりも症状が改善する確率はかなり高くなりました。

しかし、AGA治療とは対処療法にすぎませんので、投薬治療を辞めてしまうと元の薄毛状態に戻ってしまいます。

AGA治療を考えているけど何科なのか分からないという人もいると思います。

AGA治療は基本は投薬治療ですからプロペシアという内服薬を処方してもらうのなら内科か皮膚科になります。

ただし、プロペシアの処方を行っていない病院もあるので受診の前に確認しておくことをおすすめします。

又、一般の病院にいる内科医や皮膚科医はAGAを専門に診ているわけではないのでAGA専門のクリニックを受診した方が間違いはありません。

中にはより効果が出やすいように独自調合してくれるクリニックやメソセラピー治療も受けられたりもするので、専門クリニックの受診がお勧めです。

AGA治療は病院で診察してもらいきちんとした治療薬を処方してもらいましょう。

医療保険が適用されませんので実費となるのですが市販薬と比べてはるかに効果があるのでおすすめです。

でも、プロペシアは副作用が心配で...という人にはミノキシジルという薬も有効とされていますので、そちらを使うのも良いでしょう。

この薬もプロペシアと同様にAGA診療ガイドラインで認められていますので医学的根拠に基づいた信頼できる薬品です。

ミノキシジルには頭皮に塗布する外用薬と内服薬の2種類ありますが、国内でAGA治療に認められているのは外用だけとなっています。

AGA治療に効果があると言われている薬品には内服薬のプロペシアと外用薬のミノキシジルという薬があります。

内用薬のプロペシアにはAGAの原因と言われる男性ホルモンの生成を抑制しヘアサイクルの乱れを改善する効果があります。

一方、ミノキシジルには血行を促進する作用があり毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化して発毛を促進する効果があります。

ただ、どちらの薬も発毛剤として開発されたものではなくプロペシアは前立腺がん、ミノキシジルは高血圧の治療薬として使われているものです。

どちらの薬にも、薄毛改善効果や発毛促進効果があることが認められたので今ではAGAの治療薬としても処方されています。

AGAのコマーシャルに出ていた最初の芸能人は爆笑問題のお二人でしたよね。

爆笑問題がCM中に歌っていた「お医者さんに相談だ~」という歌は薄毛の悩みという暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

このCMのおかげでAGA治療も一般的になりAGA治療を行っていると言っている芸能人の方も多くいらっしゃいます。

俳優さんや歌手の方も育毛剤のCMに起用されることも増え、AGA治療に踏み出すハードルはかなり下がったと思います。

最近ではフサフサな人がCMに起用されているので育毛の必要性のなさに違和感が拭えませんが薄毛の人が起用されると、リアルすぎて悲壮感が強いのかもしれませんね。

AGAの治療をやってみたいと思っている方は市販の育毛剤を使うよりもまずは皮膚科医に診察してもらうことをおすすめします。

参照:AGA予知できる?【薄毛の原因は遺伝子検査で判るの?!】

病院で処方してくれる薬は医薬品ですのでドラッグストアで扱っている医薬部外品よりも高い効き目が期待できます。

処方される薬というのは保険が適用されないため市販薬より高価ですが効果の薄い育毛剤を長く使い続けるよりは結果が出ます。

又、薬だけに頼らずに日常生活でも頭皮ケアをするとより一層、効果が高まるのでおすすめです。

ストレスを溜めないようにしたり食生活を見直してみると良いでしょう。

AGA治療は保険適用がない自由診療なので全額、自腹で受診することになります。

プロペシアは医薬品なので医師の処方箋が必要なため1回あたり3000円程度の受診料がかかります。

その上、万有製薬の公式価格ではプロペシアが1錠250円しますから1ヶ月で1万円を超える治療費がかかることになります。

市販薬にも配合されているミノキシジルは医師の診断を受けなくても買う事ができます。

ミノキシジルを5%配合している市販の育毛剤にはリアップX5がありますがプロペシアと同様に大きな出費がかかります。

AGA治療に用いられるプロペシアにはAGA治療に有効とされる貴重な薬です。

ですが、薬と言う物には副作用があるのでプロペシアを使う前にどのような副作用があるのかを知っておくことが大切です。

プロペシアの副作用で最も重いものは肝機能障害ですが肝機能障害の有無は血液検査をすることで調べることができますから使用前後の変化を確認することが大切です。

また、プロペシアは前立腺がんの治療薬でもありますので前立腺がんの検査数値に誤差が生じることもあります。

この他にも長期間の服用で男性でも乳癌を発症したりアレルギー等の発症も危惧されています。

ネットでAGAの治療方法について検索すると画像付きの経過報告をしているサイトを見つけることができます。

多くの場合で、治療を始めてからから3ヶ月程度で効果が出始めるようで、定期的に経過写真を見せてくれるので成果のほどがよくわかります。

中には信じがたいサイトもありますが経過のほかにも、費用や使用している薬なども紹介してくれるサイトがあるのでとても参考になります。

AGA治療を開始すると初期脱毛など特有の症状が表れることがあるので体験談が記載されていると、これから自分の身に降りかかるかもしれないことなので心強いですね。

AGA治療に関するサイトは、特にアクセス数が多いみたいですからそれだけ薄毛に悩んでいる男性が多いという事かもしれません。