ちょっと待った!レイクは契約社員でも借りれるのか?

キャッシングなどの商品を利用して金融機関からお金を借りる際には、借りたお金には金利が関わってきます。
利用者としては利息負担を発生させずにお金を借りることができるのが最もありがたいことですが、そうはいかないのが現実です。
なぜなら金融機関にとっては貸し付けたお金に利息が発生することで利益へとつながっていくからです。
金融機関も慈善事業として運営されているわけではありません。
歴とした企業であり、当然そこには利益を生み出すことが重要な課題として存在しています。
そして、金融機関にとって利益を生み出す方法は、顧客にお金を貸してその利息収入を得ることになるのです。
特に貸金業務を専業とする貸金業者にとっては、これ以外の利益を得ることは難しいと言えます。
つまり、利息が多くなる貸付を行えばそれだけ利益になるというわけです。
とはいえ単に高い金利で貸し付ければ良いというわけでもありません。
金融機関には法律によって年率の上限が定められており、これを超える年率での貸付は行えないことになっています。
そしてもちろん、利用者としてもできるだけ利息負担を減らしたいと考えていますから、あまりに年率が高い金融機関は利用されにくくなるというデメリットを持っています。
適正年率の中でもできるだけ低い年率になるような金融機関が利用されやすいのです。
そして、借り入れた金額によっても年率が変わる傾向が強いのがキャッシングです。
特に初回利用時はもともと少額の融資枠が設定されることが多いものです。
しかし少額の融資の場合、長期的に利息による収入が得られるとは限らないという一面も持っています。
短期間で完済することが前提になっている場合、長期の返済期間を設けている融資商品よりも年率が高くなることが多くなっています。
もちろんこれは審査結果によっても変わってくるので、一概には言えません。
ですが金融機関にとっても利益の元となる年率ですから、基本的に低すぎる金利での貸付になることはないのです。
レイク契約社員でも借りれる? レイク即日審査【スマホ対応】